小ロット精密塗装をご存じですか?

  

小ロット精密塗装をご存じですか?

皆さんこんにちは。

今日は、精密塗装。特にクオリティが要求される精密塗装の紹介をさせて頂きます。

試作の会社が行う塗装とは?

量産部品の塗装は量産塗装専門メーカーさんで行うことが多いかもしれません。しかし、昨今、以前ほどの大ロッドを想定しない少量多品種の製品が増えてきており、表面処理においても小ロッドの対応が必要な製品が多くなってきました。ですが量産塗装のメーカーさんの場合、量産ラインを止める事が出来ない為、対応が難しい事があります。

そのような際、弊社のような試作業者等にご相談をされるお客様が増えてきております。

では、試作の会社が対応する小ロットの精密塗装とはどのようなものでしょうか?

精密塗装とは?

弊社が得意としている塗装とは機械を用いず、職人の手吹きにより実現される高品質な塗装ですが、私たちは、そのような塗装を精密塗装と呼んでおります。

詳細な点まで神経を使い、マスキングなどによる複雑な塗分けと高品質な塗装面が要求される部品・・・つまり、ある程度手間が必要な塗装となります。

そのような塗装は、量産の塗装ラインでは、対応が難しく敬遠されがちですが、私たちの得意とする分野となります。

また、皮風の塗装や大粒のパール粉による塗装など、職人技を加味した塗装が可能な点も精密塗装の付加価値と言えます。

数が少ないがどうしても表面処理を施す必要がある・・・クオリティを求める特別な塗装が必要・・・そのような要望に最適な塗装が弊社の精密塗装です。

職人技を駆使した皮シボ風の塗装

一品ものの塗装から小ロッド量産まで。

しかし、精密塗装は職人による熟練技が必要な為、大ロッドの塗装には不向きです。その為、対応可能な台数は、クオリティが求められる一品もののモックアップ等から、月産100台と言った小ロッドまでとなります。

活用例として、一品ものの塗装では展示会等で使用されるモデル。またはデザインモックアップ。小ロッド塗装では自動車やオートバイ等のアフターパーツや、ハイエンド層向けのホビー、また、医療機器や測定装置など、製作台数が限定される商品の塗装で、クオリティが要求される塗装には有益なご提案が可能です。

マスキングによる複雑な塗分け

塗装からシルク印刷、アルマイトまで

また、弊社は試作の会社です。ですので、小ロッド品においては、塗装だけではなくシルク印刷、アルマイトやメッキなどの金属皮膜までまとめて対応することができます。

その他、下地の処理から塗装までまとめて対応することが可能ですので、3Dプリンタ等で製作した表面処理が必要な部品の仕上げ、塗装もまとめて対応いたします。

いかがでしたでしょうか。

まとめますと、単品から少数の塗装において、高品質で柔軟な対応が可能な点が精密塗装の最大の利点と言えます。量産塗装メーカーさんが対応できないと思われるお話がございましたら、ぜひご相談ください。

南デザイン株式会社   営業課 尾崎 康

関連記事