南デザインの想い

こんな支援をしたい

価値ある製品づくりのため、こんな支援をしたい
  • 松尾 徳人(常務取締役)
    営業から製造部門まで幅広い業務を統括する当社常務取締役。ものづくりに対し、常に新しい事、モノを追求し、試作の新しいあり方を模索している。現状に満足することなく、ものづくり支援の本質を探り、新しいサービスを提唱、実践している。趣味は食べること!
  • 山口 和宏(営業部部長)
    お客様と技術者の間に立ち、どんな難課題にも挑戦し続ける南デザインのトップランナー。「ものづくりで一番最初に問われるのは、聞く力。」と言うように、お客様のアイディアをカタチに落とし込むまでの丁寧なヒアリングが、多くのお客様に好評を得ている。趣味は合気道。

創業以来44年以上にわたって、「できないは言わない」の精神でさまざまなものづくりに挑んできた南デザイン。まだ世の中にないものを、世界で一番初めに作り出す試作という分野で、特化した実績を上げてきた南デザインは、「未来をみすえたものづくり思考」でお客様の課題を解決しています。

試作とは、何か

そもそも試作とは何か――。
企業が「付加価値の高い製品」をマーケットに送り出して収益をあげるために、いかにスムーズに量産するか、その第一歩目が試作です。量産を見据えた試作、それは開発期間短縮とコスト削減につながる重要なテーマです。ですから、試作のウエイトを高めることがどれだけ重要なことか、我々が試作屋の立場からお客様に発信していくことが、ものづくり支援の第一歩だと考えています。

ものづくりで、44年変わらないもの

南デザインは、創業以来お客様との約束を実直に守り続けることで、信頼を得てここまで長くやってこられました。「ものづくり」は時代とともに変わっていますが、変わらないこともあります。たとえば、3Dプリンターはデータがあれば誰でもすぐにカタチを作ることはできますが、それが量産性やユーザー満足度という点で評価できるものかどうかは未知数です。理に適ったものにブラッシュアップできるかどうかは、技術革新が進んでも、昔から人の力でしか解決できません。そしてそれこそが我々が取り組んできた「お客様との約束」の一つです。

試作のプロのスタンスとは

世の中には、アイディアはあってもものづくりのノウハウがないというメーカー企業様がたいへん多くいらっしゃいます。我々とパートナーシップを組む最大のメリットは、我々のものづくりのノウハウで、お客様が思い描くアイディアが理想通りに製品化されるということです。
お客様は必ず「何か作りたいという想い=アイディア」を持っています。我々にそのアイディアを話していただければ、我々がそこから潜在的な要求は何かを紐解いていき、「こういう商品を作りたいのでは」「この商品にはどういう意味を持たせたいのか」と一緒に追求して企画を構築します。ぼんやりとしたアイディアでも、お客様が製品化に向けて肉付けしていけるように、我々が豊富な経験・思考力・技術力でサポートします。お客様の悩みはさまざまですが、我々はどんな課題であっても断ることはありません。お客様とゴールを共有し、最後まで一緒に向かっていくスタンスで臨みますので、安心してご相談ください。

ものづくりの、「最難関課題」

我々はものを作る会社ですが、いいものを作るために一番大切にしなければならないのは、「お客様とのコミュニケーション」だと実感しています。
我々試作屋は、お客様のアイディア=まだ世の中に存在していないものを作るのが仕事です。試作品製作では、お客様のアイディアを一回でうまく造りあげることはなかなかできません。お客様と一緒になって、より理想に近い形にしていくプロセスが大切です。ものをつくる困難さは所詮物質的なものなので何らかの解決方法がありますし、もし万が一我々のスキルや設備に答えがなかったとしても、日本のものづくりの力を結集すれば必ず作りたいものは作れます。ものを作る難しさより、お客様と我々がお互いを知り、ともに思考できる関係づくりが最大の難課題であると同時に、作り手の最大の喜びです。

ものづくりの「最初の一歩」は何か

試作屋にとって、いいものづくりの最初の一歩は、どれだけお客様にヒアリングできるかです。どういうものを作りたいか明確にされている方、問題定義をしっかり持っている方は、我々もスキルで対応できますが、そうでないお客様の場合は我々がヒアリングして引き出すしかありません。引き出した内容を一つずつ明確にし、問題があれば一つずつ解決していくことで、完成に近づいていきます。ものづくりで最初に問われるのが「聞く力」なのです。
初めは、お客様も我々の実力をご存知ありません。自ら技術力の高さをアピールして理解していただくことも重要だと思っていますが、お客様のお話をしっかり聞いて、何に困っているのかフォーカスして解決していくことで、我々の実力が自然と伝わっていくことが多いのも事実です。

ものだけでなく、お客様の時間も作り出す

南デザインでは、自社内でワンストップで試作品製作ができる体制があります。試作品製作のディレクション業務を、お客様に代わって全て行うことができます。発注者様の中には試作品発注業務をデザイナーや設計者の方が兼務されていることがありますが、それらを全て我々が担うので、本来のデザインや企画業務に集中していただくことができます。その道のプロが集中して仕事をすれば成果も出ます。試作期間が1ヶ月なら、それが全て本来の業務に充てられる時間となり、たとえば市場調査をより綿密に行って本当にユーザーが求めているものかどうか検証することもできるようになります。それらに時間を費やすことで、より質の高い製品を世の中に送り出せるようになるわけです。そうしたことに時間を費やしていただきたいと我々は切に願っているのです。

お問合せ・お見積り依頼

担当者に直接コンタクトを取りたいお客様はこちらからお問合せください。

お問合せはこちら